e-カンパチ

CONCEPT e-4

e-かんぱちとは e-かんぱちとは、生餌を一切与えず、EP飼料のみで育てたカンパチの標章登録です。
標章登録 第5583028号
EP飼料とは EPとは「エクストルーダーペレット( Extruded Pellet)」の略で、特殊な技術を用いて配合飼料を発泡化させた餌です。環境にも優しく、安全性、品質の安定などにも優れています。EP飼料は高価な餌ですが、EP飼料で育てることにより、脂が乗っているのにしっかりとした歯触りのある優秀な品質に育ちます。

養殖カンパチの弱点を克服?

カンパチは同種のブリと比べ、脂質が低く、お刺身やお寿司では定評があるものの、煮物や焼き物には不向きとされてきました。逆に脂質が高いと酸化や変色が起こりやすかったり、歯ごたえが失われたり、養殖臭(生餌に含まれる餌の匂い)を感じる場合があります。

通常、丸栄水産のカンパチ脂質は5~6%、脂質カロリーを多めに与えた他社カンパチ脂質で8~9%といったところでしょうか。

ところが、e-かんぱちは脂の乗りが10%前後と高いにもかかわらず、歯ごたえがあり、養殖臭を感じないという評価をよくいただきます。

実際破断強度を調べると、殆ど差は無く、酸化や変色も遅いという結果で、試食試験でも臭みが無いことがわかりました。

脂質が高い事で弱点であった酸化や変色、逆に脂質が低い事が弱点であった料理の用途共にe-かんぱちは弱点を克服したカンパチなのかもしれません。

e-かんぱちとMPかんぱちの比較

上段:e-かんぱち 下段:通常のカンパチ

変色具合の経時変化

左:e-かんぱち 右:通常のカンパチ

美味しいカンパチ?

e-かんぱちは美味しいのか?という部分が実は一番大事なところかもしれません。
そこで、下記の旨味、甘味の代表的なアミノ酸を分析してみました。

食物の味に影響すると言われる成分の一例

アミノ酸 甘味 グリシン 豚肉、えびなどに豊富
アラニン 枝豆や豚肉などに豊富
セリン 大豆、かつお節などに豊富
旨味 グルタミン酸 昆布、海苔などに豊富
アスパラギン酸 味噌、醤油などに豊富

e-かんぱちの遊離アミノ酸分析結果 平成24年9月

遊離アミノ酸分析結果

美味しさの感じ方は人それぞれの好みもありますが、数値的には旨味、甘味ともに高い指標を示しました。水産関係者及び一般消費者合計30人に対し、MPカンパチとe-かんぱちをそれぞれ目隠しで試食試験を行った結果、25人の方が「美味しい」の評価をe-かんぱちへ投票。

その理由に

  • 「後味にくせが無く食べやすい」
  • 「甘味を感じる」
  • 「単にこちらが美味しい」

との意見が殆どでした。

とはいえ、好みは千差万別。ただe-かんぱちは多くの方に「美味しい」と喜んでいただけるカンパチなのではないでしょうか。

また、一年を通し、品質が安定しており、丸みもあるため歩留り(捌いた魚肉の割合)が高いのe-かんぱちの大きな特徴です。

このページの先頭へ